障害年金についてのメインコンテンツ

障害年金請求の種類・等級

障害年金の種類

障害年金には、国民年金の障害基礎年金と、厚生年金の障害厚生年金共済組合の障害共済年金の3種類があります。
これらはその障害の原因となった病気やケガについての初診日にどの年金制度に加入していたかにより、申請できる障害年金の種類が異なります。
ご自身がどの年金を受給できるのか、またどの年金を申請できるのかをご確認ください。

障害年金の等級

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」と言われる決定しています。
それぞれの障害に関しては下記の障害一覧からご覧ください。

【傷病別・詳しい認定基準】

【診断書様式と傷病名】
傷病名と診断書は表をご覧ください。
※様式番号をクリック致しますと、診断書見本(PDF)がご覧になれます。傷病名と合わせてご参照ください。

様式番号 診断書名 主な傷病名
第120号の1 白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球委縮、癒着性角膜白炎、網膜色素変性症、糖尿病性網膜炎、視神経委縮、無水晶体症等
第120号の2 聴覚 メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害等
鼻腔機能 外傷性鼻科疾患等
そしゃく・嚥下機能・言語機能 喉頭摘出術後遺症、上下愕欠損等
第120号の3 肢体 上肢又は下肢の離断又は切断障害、上肢又は下肢の外傷性運動障害、脳卒中、脳軟化症、重症筋無力症、関節リウマチ、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、くも膜下出血後遺症、脊椎管狭窄症、全身性エリテマトーデス、パーキンソン病等
第120号の4 精神 統合失調症、双極制障害、うつ病、気分障害、器質性障害(高次脳機能障害、アルコール、薬物等の使用障害)てんかん、発達障害、知的障等
第120号の5 呼吸器疾患 肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、肺線維症、肺気腫、 間質性肺炎等
第120号の6-(1) 心疾患 慢性虚血性心疾患、冠状動脈硬化症、狭心症、憎帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞等
高血圧 悪性高血圧、高血圧性心疾患、高血圧性腎疾患(脳溢血による運動障害は除く)
第120号の6-(2) 腎疾患 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全等
肝疾患 肝硬変、多発性肝腫瘍、肝癌等
糖尿病 糖尿病、糖尿病と明示された全ての合併症等
第120号の7 その他 悪性新生物、HIV、繊維筋痛症、脳脊髄減少症、慢性疲労症候群、化学物質過敏症等

障害認定基準

等級別の認定基準早見表に関しては下記の障害一覧からご覧ください。