障害年金についてのメインコンテンツ

障害年金の申請例 - 傷病名:慢性糸球体腎炎による慢性腎不全 -

相談内容

全身に倦怠感や脱力感、集中力の低下が続いていましたが、会社の健康診断の尿検査で慢性糸球体腎炎を患っていることが判明しました。
血尿が続き、夜間も多尿といった症状が出ておりました。
その後は投薬、食事療法にて治療を行いましたが、症状が悪化し慢性腎不全に移行し人工透析となり現在は週2~3回のペースで人工透析を行っています。
デスクワーク等の軽作業であれば仕事はできます。

結果

結果、申請した翌月分から、障害年金2級の認定を受けることができました。